《基礎知識》身体に負担をかけてしまうような無理なダイエットは危険

もしかして貴方の考え方としまして、成長期を過ぎてしまうとバストアップはしないと大きな勘違いをされていませんか?
乳房周辺のマッサージ、ツボ刺激、サプリメントを服用することで女性ホルモンが活性化し、理想的なバストアップを実現させることが出来るのです。成長期のバストが大きくなる時期に女性ホルモンのバランスが崩れてしまったり女性ホルモンの分泌が少なくなってしまうとバストの成長が著しくなってしまいます。
この原因は無理なダイエットを実施したり、激しいスポーツ、ストレスなどが原因となっているのです。女性のバストというのは思春期で初潮が始まる頃から徐々に成長をしていきます。
思春期に入ることで女性ホルモンが多く分泌され始めるためでありますが、女性の中には成長が止まってしまうこともたまにあるのです。 今では女性だけに限ったことではなく、非常に多くの男性も美容に関心を持ってきています。
つまり老若男女問わずに美容が注目されているので、まずは貴方に合った美容対策方法を探すようにしましょう。



《基礎知識》身体に負担をかけてしまうような無理なダイエットは危険ブログ:2021-11-23

一週間位前、久しぶりに箪笥の上に置いてある
父の写真を手に取った。

「ずいぶん埃をつけて、ごめんね…」と言いながら
俺は手でうっすらと付いた埃をはらった。
写真の父は笑っている。

若いころの俺は、
父とは気が合わず、憎んだこともあった。
家にいるときは気難しい顔しかしていないような記憶しかない。 
でも、今は笑っている父の顔ばかりが浮かんでくる。

「何もしてやれなかった…」と思った瞬間、
父の顔が見えなくなった。 
埃を払った同じ手で今度は自分の涙を拭いていた。

俺には母にも兄にも言っていない、
父からの手紙がある。
家を離れて仕事のためアメリカに行っていた一年の間に
父が書き送ってくれたものだ。

その手紙を読みたくなった。 
無性に父の字が見たくなった。 
箪笥の中のアルバムの間にそれらは挟んである。

写真屋の袋を開けると海外用の封筒に入った手紙が6通。 
その内のひとつを取って読み始めると、
みるみる涙があふれ、俺は字が見えなくなった。

いかにも神経質そうな細かい字で書かれた父からの手紙は
どれも取るに足りない内容ばかり…

母のこと、孫のこと、
兄のこと、兄の妻のこと…
そして、みんな元気なこと。
そして必ず「体質に気をつけるように」と結んである。

嫌いな父からの手紙など捨ててしまえばよかったのに、
捨てられなかった。
今では、捨てずによかったと思っている。

俺にとって父とは
「好き」とか「嫌い」とか、そんな単純な存在ではなく、
ただただ「大切な人」だったのだと気づいたのは、
父が亡くなってからのことだった。